◆さぬき野のみちしるべ◆

川鶴酒造のシンボルマークとして活躍していた屋上の看板。
この度、老朽化により落下の可能性があるので、安全面を考慮し撤去いたしました。

昭和46年に設置された屋上看板は、設置当時は赤いネオンでライトアップされていました。
当時はまだまだ街灯が普及していない昭和の時代。
日が暮れると、真っ暗になる県道5号線の目印として地域の皆さまに愛されていました。

屋上看板さん、雨の日も風の日も炎天下でも46年間頑張ってくれてありがとうございました!
約半世紀の間、少しでも地域に貢献できていたとしたら嬉しいですね。